遺言書 遺書 エンディングノートの違い

もしもの時のことをエンディングノートに書いてますが、遺言書も書かないとだめですか?」

このようなご質問がとても多いので、整理したいと思います 。

遺言書・遺書・エンディングノートの違い

遺言、遺言書、遺言状

 

いろいろな呼び方がされますが、これらはどれも、民法という法律で規定されている法的な文書です。

主に財産の分け方について指示するために書かれることが多いです。

遺言に書かれていることには法的な効力があります。なので、基本的に書かれている通りに財産を分ける必要があります。

 

遺言はこのような威力のある文書ですから、法律で決められた方法で書く必要があり、間違えた方法で書くと無効になってしまうこともあります。

 

家族のため、財産の行方について生前に確実にしておきたいという方は、法的な効力のある遺言を書くことをおすすめいたします。

 

遺書

 

遺書は死を覚悟した人が、最後にしたためる手紙です。

遺言と一文字違いなので紛らわしいですが、全くの別物です。

 

遺書はお手紙の一種なので、内容も書き方も自由ですし、法的な効力は全くありません

 

 

エンディングノート

 

財産の管理や、葬儀の要望などを自由に書ける便利なノート。

項目別になっているため書きやすく、備忘録としても日ごろから活躍しますので是非一冊持っておかれると便利です。

当事務所でも素敵なエンディングノートをご用意しております 

 

しかし、エンディングノートに法的な効力はありません

 

そのため書いた方に万が一のことがあった場合も、遺族は書かれていることに拘束されるものではありません。

もちろん、せっかくの故人の気持ちですから、尊重はされると思います。

いかがでしょう。

エンディングノートと遺言の違い、ご理解いただけましたでしょうか。

 

ご事情に応じ使い分けて、安心の終活をなさってください 。

遺言と遺書の違い

グレイスサポート代表の松下です。
あなたのお悩みを解決します!​

遺言は財産の円滑の承継のために大活躍するとても重要な文書です。

事情やお気持ちが変わったら、その都度変更することも可能ですから、上記の文例などを参考に、是非今のお考えを遺言に残していただきたいと思います。

またグレイスサポートでは、定期的に遺言書のオンラインセミナーも開催しております。無料セミナーですのでご興味のある方は是非お気軽にご参加ください。

またご相談も随時受け付けております。初回ご相談は無料ですのでこちらもどうぞお気軽にお問合せください。

-自分で正しく遺言書を書きたい方へー

遺言書の書き方セミナーのご案内です。
講座でお伝えするポイントを参考に、ご自身で遺言書を正しくカンタンに作成いただけます。書き上げた遺言書は自筆証書遺言としてそのまま法務局に預けることもできますし、公正証書遺言の原稿としても活用できます。

遺言書の必要性についてまずご説明し、基本的な書き方、遺留分や遺言執行者などの注意点、応用編、遺贈寄付の仕方など様々なテーマをご説明します。

会 場:オンライン

参加費:無料

特 典:講座をご受講くださった方にはオリジナルエンディングノートをプレゼント

 

 ~美しい挿絵に心が癒される、シンプルかつ充実したエンディングノートです~

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

2023/2/25
- 終活手続き何から始めるか
        お悩みの方へ-

ご参加くださった方にはオリジナルエンディングノートプレゼント

遺言書 遺産分割協議書 死後事務委任契約の質問

終活の疑問や質問ありませんか?

終活に関する疑問や質問を受け付けております。ちょっとしたこと、一般的なことでも大丈夫です!お気軽にご質問ください。

行政書士法人松下崎山事務所
終活のグレイスサポート

住所

〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通り4-23
マリンビル508

アクセス

みなとみらい線 馬車道駅徒歩3分
地下鉄ブルーライン 関内駅徒歩8分
JR根岸線 関内駅徒歩10分
駐車場:あり(有料)
 

045-827-3640